内貼り断熱 (新連携事業)

工場の稼働を止めずに施工出来る天井内貼り断熱

当事業では、古いスレート葺きの工場等を、低コスト・短工期で恒温室並みの工場に変える断熱材の施工を致します。断熱工事で室内恒温と室内照度アップ、防音、3つの効果を同時に得ることができます。断熱材を工場内に付ける事により、工場内の温度を一定に保つ必要のある場所に最適です。詳細はhttp://www.thermoclip.jpにてご覧くださいませ。

尚、当事業は中部経済産業局より新連携事業として平成18年12月21日付けで認定されています。また、名古屋市工業技術グランプリ工業技術研究所賞を平成19年2月22日に受賞致しました。評価の高い2つの工法を是非ご検討ください。

特許2005−380829,2007-103274,2007-56340,2008-58668,意匠登録1301638

 

①天井内断熱サーモクリップ工法 詳しくはこちら
ストレート天井C型フレーム構造に「サーモクリップ」で断熱材(グラスウール)を取付けて断熱する工法です。アスベストの飛散防止にも効果があります。

天井内断熱サーモクリップ工法

 

②マグネットピン工法 詳しくはこちら
鉄板の屋根に「マグネットピン」で断熱材(ネオマフォーム)を取付けて断熱する工法です。